SEO対策をすることのメリットとデメリット

トピックス 2021.04.09

ブログタイトル「SEO対策をすることのメリットとデメリット」

こんにちは、Webデザイナーのナカノです。

今日はSEOについてご紹介いたします。
SEOについてはWebサイトを制作する上でとても重要なことなので、何回かに分けてご紹介させていただきたいと思います。
今回の記事では「SEO対策をすることのメリットとデメリット」についてご紹介します。

目次

 

SEOとは?

SEOの説明画像
“SEO”とはSearch Engine Optimization」の略語で、“検索エンジン最適化”といいます。
“検索エンジン最適化”(SEO対策)することで、Googleなどで検索したときに自分のサイトが上位に表示されます。
実際にGoogleで検索する時、上位に表示されたサイトから閲覧しますよね。自分が知りたかった情報が取得できたらわざわざ検索の2ページ以降は見ないと思います。

Webサイトをより多くの方に見つけてもらい、訪問してもらうためにはSEO対策はとても重要なのです。

せっかくコストをかけてサイトを作ってもSEO対策をしていないと閲覧者数が伸びず、効果が出にくくなってしまいます。とても勿体ないですよね。

次にSEO対策することのメリットとデメリットについてご紹介いたします。
 

メリット1 質の高い見込ユーザーと出会える。

多くの人は、何か行動を起こす前にインターネットを使って情報収集する傾向があります。
検索結果の上位表示されることで、関心度の高いユーザーをと出会えます。
 

メリット2  広告と比較して費用対効果が高い

コストパフォーマンスがいい
広告を出すことで認知度が上がり、集客の見込みは高くなりますが、その分コストがかかります。
しかしSEO対策は広告の費用と比較するとコストを抑えることが可能です。
また、広告には掲載期限があるので、掲載が終わった後の集客が難しいのですが、SEO対策をしていれば検索の上位になっているだけで集客につながるので中長期的に効果を発揮します。
 


次にデメリットについてご紹介致します。
 

デメリット1 成果までに時間が掛かる

SEOの1番のデメリットはすぐに結果が出にくい点です。
日々のサイトのメンテナンスが大切になっていくのです。
なのでサイトを制作する上でSEOに強い制作会社に依頼し、ゆっくりと対策していくことが大切です。
 

デメリット2 知識のない人が対策するのは難しい。

そもそも、GoogleはユーザーファーストでWebサイトを評価するという姿勢をとっています。その判断基準は時代の流れと共に変化していますので、最新の情報を常に収集していくので常にアンテナを高くしている必要があります。
なのでWebの知識の無い人がSEO対策をしようとするのはとても難しいのです。
SEO対策に強い制作会社に依頼することが1番の近道です。
 


 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
SEOについて少しは知っていただけたら嬉しいです。
本日はSEOについてとメリットとデメリットについてご紹介しましたが、次回はそのSEO対策についてもう少し詳細にご紹介させていただきたいと思います。


WEBサイトの運用に自信がない方や外部に委託したい方、既存のサイトのリニューアルをお考えの方など、是非お気軽にお問い合わせください。

そのほかにもLAKAでは、企業SNSの運用など、効率的なWEBでの活動を幅広くお手伝いいたします。

お問い合わせはこちら